料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

タグ:石造物 ( 12 ) タグの人気記事
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


人頭石
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
飛鳥地方の謎の石造物である人頭石をご案内致します。

人頭石は高取町観覚寺の光永寺さんの敷地内にあります。

c0195472_9372640.jpg 人頭石。

明日香の花崗岩「あすか石」から造られています。

7世紀中頃の作。

亀石、猿石、益田岩船などのミステリアスな石造物が散在する飛鳥地方にあって、人頭石もその特異な存在感で見る者を魅了します。

それにしても不思議なモニュメント?ですよね。

東京の渋谷にあるモヤイ像を連想してしまいます(笑)

人頭石の続きを読む
[PR]
by asuka-nara | 2009-05-22 09:54 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


橿原市南妙法寺町に佇む益田岩船
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
明日香の巨大石造物、益田岩船をご案内致します。

益田岩船は橿原市南妙法寺町という処にあります。

新興住宅街である橿原ニュータウンの一角に佇みます。

c0195472_115578.jpg益田岩船。

近鉄岡寺駅から西へ1kmほどの場所にあります。

船付山(ふなつきやま)の頂上付近。

2つの大きな窪みが見られます。

近くにいらっしゃった地元の方が、「昔はこの上に登って遊んだもんや」とおっしゃっていました。

歴史を物語る重要な遺跡ですから、もちろん今は登ることは禁止されています。

石舞台古墳の昔の写真にも、天井石の上に多くの人が腰掛けて記念写真に収まっている一枚があります。

ひと昔前までは、古墳や遺跡に対しても大らかな見方があったんですね。

c0195472_11552655.jpgそれにしても巨大です。

台形状の大きな益田岩船。

ちょっと前までは、この大きな石をどのようにして移動させたのか?という話題でもちきりでしたが、昨今では移動説は間違いではないかという意見が大半を占めています。

元々この場所に巨石はあった。

一説によれば、800トンにもなるという花崗岩の塊です。

移動させるには、確かに並々ならぬ知力と体力が必要です(笑)

c0195472_11554052.jpg飛鳥の石造物群からは少し離れた場所に位置する益田岩船。

白橿南小学校の西の丘陵地。

麓から益田岩船まで、急な坂道を徒歩5分ほど登って行きます。

最初は階段がありますが、途中からは道なき道・・・すべり止めなのでしょうか、木と木の間にロープが渡されていました。安全確保のため、ロープに手を伸ばして登ることになるとは(笑)

あまり人も訪れることがないんでしょうね。

飛鳥の中のちょっとした秘境気分を味わえるスポットです。

<飛鳥のミステリーストーン案内>


[PR]
by asuka-nara | 2009-04-05 12:15 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


奈良文化財研究所 飛鳥資料館
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_16311668.jpg奈良文化財研究所 飛鳥資料館に展示されている山田寺の仏頭。

キトラ古墳壁画の展示で全国的にも有名になった飛鳥資料館。

ここのところ毎年、GW明けには特別展が催され活況を呈しています。

飛鳥資料館は山田寺跡に近いこともあってか、山田寺関連の文化財が多数収められています。

山田寺の仏頭を筆頭に、山田寺東回廊の一部、山田寺の專仏なども見ることができます。

c0195472_16313268.jpg飛鳥資料館の拝観受付の前で出迎えてくれる石人像レプリカ。

飛鳥のミステリアスな魅力を演出する石造物たち。

拝観受付で260円の拝観料を払って門の中へ入ります。

目の前には広い庭が広がります。

庭の中のあちこちに石造物のレプリカが立っています。

亀石、猿石、石人像、酒船石、須弥山石等々・・・どれもこれもガイドブックで見たことのある石のモニュメントです。

c0195472_16314445.jpg須弥山石。

石人像や須弥山石は噴水装置として利用されていたようです。

斎明天皇の迎賓館と云われる石神遺跡から出土しています。

飛鳥資料館からは、天武天皇の飛鳥浄御原宮、飛鳥大仏が安置される飛鳥寺、神奈備の甘樫丘などもすぐ近くです。

飛鳥の歴史を肌で感じ、さらなる興味をそそられる飛鳥資料館。

飛鳥旅行の際には、是非立ち寄ってみたいオススメの施設です。
[PR]
by asuka-nara | 2009-02-13 16:55 | 飛鳥資料館

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


盟神探湯神事の甘樫坐神社
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_10243963.jpg甘樫坐神社境内にある立石

毎年4月の第1日曜日に、甘樫坐神社の立石の前で盟神探湯神事が催されます。

盟神探湯とは、古代の裁判方法のことを意味します。

神明裁判の一つに数えられます。

裁判の中で審理の決しにくい時、真偽正邪を裁くため、神に誓って手で熱湯を探らせる裁判方法。

正しい者はただれず、邪(よこしま)な者はただれるとします。

何とも抜き差しならない、厳しい裁判ですよね。

日本史の教科書で学んだことのある盟神探湯(くがたち)ですが、ここ甘樫坐神社が盟神探湯の行われた場所だったとは知りませんでした。

c0195472_10245019.jpg甘樫坐神社の境内。

甘樫丘の豊浦方面に甘樫坐神社はあります。

あまかしにいます。

あまかしにいますじんじゃと読みます。

この、〇〇坐神社という神社名は結構多いですよね。

おんだ祭で有名な飛鳥坐神社、三輪山の登山口にある狭井坐大神荒魂神社等々・・・

甘樫丘は神様の鎮まる神奈備として知られるパワースポットでもあります。

神の前に潔白を誓うという意味では、甘樫丘が盟神探湯の場所に選ばれたのも納得がいきますよね。

c0195472_1025745.jpg盟神探湯の案内板。

日本書紀の記述の中に、415年(允恭天皇4年)に氏姓制度の混乱を正す目的で、甘橿の神の前に諸氏を会して盟神探湯を行ったと書かれています。

4月に執り行われる盟神探湯神事では、立石の前に大きな釜が用意されます。

煮えたぎった湯は沸かされますが、素手を入れるわけではありません(笑)

熊笹が使われているようです。

笹の葉の色が変わらなければ正で、変わってしまえば邪ということになります。

明日香には謎の石造物が多数存在しますが、盟神探湯神事をじっと見守る立石も実に立派です。

大きな石に宿るスピリチュアルなメッセージを感じます・・・。
[PR]
by asuka-nara | 2009-02-05 10:52 | 甘樫丘

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


日月星の光輝く三光石@橘寺
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_1012739.jpg橘寺境内に三光石という石造物があります。

橘寺の二面石は有名ですよね。

太子堂(本堂)の南側にある善悪二相の二面石。

二面石にばかりスポットライトが当たっていて、ついつい忘れられがちな三光石。

橘寺本坊の傍らに佇みます。

聖徳太子は推古天皇の仰せにより、勝鬘経(しょうまんきょう)を3日間にわたりご講讃になられました。

その時、太子の冠から日月星の光が輝いたと伝えられています。

c0195472_1014410.jpg三光石の向こう側には阿字池が見えます。

日月星の三つの光は何を意味するのでしょうか。

勝鬘経講讃の際には、大きなハスの花が庭に1mも降り積もりました。

さらに南の山では、千の仏頭が現れ光明を放った伝えられます。

不思議な出来事ですよね。

驚いた推古天皇は、この地にお寺を建てるよう太子に命じます。

c0195472_1015542.jpg橘寺創建にまつわる伝説。

創建当初の橘寺は、金堂、講堂、五重塔を擁する66棟の堂舎が建ち並んでいました。

今でも境内には、金堂跡・五重塔跡などの立て札が見られます。

千の仏頭が現れて光を放った・・・想像するだけでありがたいお話ですよね(笑)

仏頭山上宮皇院 橘寺。

橘寺は新西国三十三霊場第十番の札所にもなっています。

聖徳太子の冠から日月星の光が輝いた・・・三光石の由来に想いを馳せながら、橘寺境内の散策を続けます。

<橘寺ナビゲート情報>


[PR]
by asuka-nara | 2009-02-01 10:25 | 橘寺

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


石舞台古墳から望む二上山
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_2091978.jpg石舞台古墳から望む二上山。

石舞台古墳の裏側に回ってみると、西の彼方に二上山が見えます。

意外なツーショットに、なんだか嬉しくなりました(笑)

拝観受付から石舞台古墳へ入ると、古墳の周りにお堀が巡らされていることに気付きます。水の張られていないお堀ではありますが、かなりの大きさです。

国営飛鳥歴史公園の石舞台地区には、イベント会場のあすか風舞台が古墳の西側にあります。

c0195472_2094794.jpg石舞台古墳の裏側(東側)に回って撮影。

巨大な石の向こうには、ステージイベントで盛り上がるあすか風舞台があります。

さらにもっと向こう側には・・・二上山がそびえ立ちます。

奈良県に住む人達は、二上山に日が沈む光景を幾度となく目にしています。

西の方角にあることから、極楽浄土を連想させる二上山の向こう側・・・

c0195472_2010687.jpg美しい光景です。

蘇我馬子の墓と云われている石舞台古墳。

古墳築造に携わった古代の人々も、私たちと同じように二上山に沈む夕日を見ていたのかもしれませんね。

時代は変われど、太陽の動きは不変です。

大いなる神の懐に抱かれた石舞台古墳の営みを、二上山の風景と共に噛みしめてみます。

<石舞台古墳関連記事>

[PR]
by asuka-nara | 2009-01-31 20:32 | 石舞台古墳

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


奈良の亀石
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_1652508.jpg奈良の飛鳥にある亀石。

キャラクター商品も販売されており、人気のある石造物です。

車で飛鳥エリアを回っていると、ついつい見落としてしまう亀石。

田園風景の広がる民家の傍にあります。秋になると、亀石の傍らからニョキッと彼岸花が顔を出したりして、牧歌的な雰囲気の漂う場所に静かに佇んでいます。
実はこの亀石、長い歴史の中でその方向を少しずつ変えていると云われます。

当初は東を向いていた亀石が、今では南西の方角を向いています。

c0195472_1653437.jpg亀石の横に回ってみました。

このアングルの写真はあまり見かけませんよね(笑)

愛らしい姿でうずくまっている亀石ですが、実は結構奥行きのあるフォルムをしています。

大和の地はその昔、湖であったようです。

亀石の近くには橘寺や川原寺跡があります。

そして、この辺りを川原と呼んでいます。

湖の西の対岸には当麻という地名があります。

川原と当麻との間で争いが起こったそうです。この争いで、当麻側に湖の水を取られてしまうことになります・・・。

湖に生息していた亀たちも死に絶えてしまったそうです。

哀れに思った村民が、大きな岩を亀の形に削って供養したというお話です。

c0195472_16531927.jpg亀石の後ろ姿。

思わず手を合わせたくなります・・・亀の供養石だったんですね。

亀石が西の方向にある当麻を睨んだとき、辺り一帯は泥沼に沈んでしまうという言い伝えがあります。

どうぞこのままでいらっしゃって下さい。

そんな気持ちになりますね。

奈良の飛鳥地方にある謎の石造物、亀石をご案内致しました。

明日香村の二面石は橘寺の境内に佇みます!
[PR]
by asuka-nara | 2009-01-26 17:10 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


高さ1m超えのマラ石と飛鳥川飛び石
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_110771.jpg飛鳥のマラ石をご案内致します。

男根の形をした謎の石造物。

飛鳥寺の近くの飛鳥坐神社にも陰陽石が多数存在しますが、こちらはたった1体で堂々とその存在感を示しています。

石舞台古墳近くの国営飛鳥歴史公園祝戸地区内にマラ石は佇みます。

たった一体で民家の傍にあるマラ石。

環境条件でいえば、亀石とも似ているところがあります。

c0195472_1102461.jpg高さは106cm。

1mを超えるんですね。

このマラ石、元々は垂直に立っていたようです。

徐々に傾いて今のお姿になったとのこと・・・。

今の方がリアルですよね。

飛鳥坐神社に伝わるおんだ祭りのように、性は崇拝の対象でした。

現代のように、決して忌むべきものではなかったのです。

五穀豊穣や子孫繁栄を願った性の崇拝は、古代の日本ではごく当たり前のことだったのです。

c0195472_9114954.jpg

マラ石からさらに稲渕方面へ足を向けると、男女の機微が偲ばれる飛鳥川の飛び石があります。

川を渡るためには橋を架けるわけですが、往々にして川の氾濫によって橋は流されるものです。その点、大きな石は流されることもないのでしょう。対岸の異性への想いを今に伝える飛び石は、時代を超えてロマンチックな世界を演出しています。

マラ石に飛鳥川の飛び石、双方に共通するのは男女の架け橋といったところでしょうか。

飛び石からさらに下流に当たる場所に、綱掛神事で知られる男綱が張られています。男性のシンボルが川の上に張られているのですが、一種の結界を表していると言います。

飛鳥に伝わる性崇拝の歴史を垣間見ることができますね。

c0195472_1103757.jpgマラ石の由来は未だに謎です。

性崇拝や五穀豊穣を願う古代信仰によるものなのか、一種の標石なのかは不明です。

マラ石から飛鳥川をはさんで対岸の丘陵を「ふぐり山」と呼んでいます。

ふぐり山と対をなすマラ石・・・そんな考え方もあるようです。

ふぐりとは陰嚢(いんのう)のことを意味します。

ふくらみがあって垂れているものをフクロ・フクリといったところから、フグリに転訛していったようです。

まぁ、早い話が”きんたま”のことです。

キンタマに対するマラ石。

飛鳥の謎の石造物は興味が尽きませんね。
[PR]
by asuka-nara | 2009-01-26 11:19 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


石舞台古墳 明日香村
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_18465792.jpg石舞台古墳は明日香村島庄にあります。

蘇我馬子の墓ではないかと云われています。

飛鳥エリアに散在する謎の石造物の中でも、最も人気の高い名所として知られます。

それにしても大きな石ですよね。

こんなに大きな石を運ぶには、たくさんの人手が必要になります。

大きな権力を握っていた人の存在が見え隠れします。

石舞台古墳には30数個もの巨石が積み上げられています。

c0195472_18472571.jpg石と石の間には、ほんの少しの空間があります。

この穴から中を覗き見ることができます。

古墳上部の盛り土は失われ、巨大な天井石が露出しています。

北側の天井石は約64トン、南側は約77トンもの重量を誇ります。全ての石の重さを足していくと、約2,300トンにもなるそうです。

けた外れの重さですよね。

c0195472_1848167.jpg石舞台古墳の内部。

昭和8年と10年に、奈良県と京都大学の合同発掘調査が行われています。

玄室の長さは7.8m、その高さは4.8mにも及びます。

今は石舞台の上に乗ることは禁止されていますが、昔の人は石の上に乗って記念写真を撮ったりしていたようです。

特別史跡に指定されていますので、くれぐれも石の上には乗らないようにしたいですね。

古代の人は素晴らしい知恵を持っていたんだなと、改めて感じさせられます。

石舞台古墳の入場料は250円です。

近くに無料駐車場もありますので、車でのアクセスも大変便利です。

石舞台古墳の周辺観光スポットには、聖徳太子の生誕地といわれる橘寺をはじめ、国営飛鳥歴史公園の祝戸地区、マラ石、稲渕の棚田風景、岡寺などがあります。
[PR]
by asuka-nara | 2009-01-25 19:10 | 石舞台古墳

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


善悪背中合わせの二面石@明日香村
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_1052683.jpg明日香村の二面石をご案内致します。

善悪両方の顔を表す二面石。

二面石は聖徳太子生誕の地である橘寺の境内にあります。

善面と悪面が背中合わせにつながっている不思議な石。

何を意味しているのでしょうか?

とてもインパクトの強い石造物です。

飛鳥エリアには二面石の他にも、お酒の醸造施設ではないかと云われている酒船石、蘇我馬子の墓ではないかと云われている石舞台古墳、愛らしい表情で人気の亀石等々、実に多くのミステリアスストーンが存在します。

c0195472_1055449.jpg善と悪。

分かりやすいといえば確かに分かりやすいのですが、そこには何か並々ならぬメッセージが秘められているような気がしてなりません。

二面石がなぜ聖徳太子ゆかりのお寺にあるのか?

善面に比べて、なぜ悪面の顔の面積が狭いのか?

人の心の中には善と悪が存在している。

単純であるだけに、どうしても深読みしてしまう自分がいます(笑)

c0195472_1061377.jpg橘寺の本堂である太子堂。

手前に見える馬は、太子の愛馬「黒駒」です。

本堂には、橘寺のご本尊である聖徳太子坐像が納められています。

重要文化財の聖徳太子坐像。

太子35歳のときのお姿と云われています。本堂の一番奥に安置されていました。

この本堂の西側に二面石があります。

善面は本堂方向、悪面は放生池の方を向いています。

新西国三十三霊場第十番札所の橘寺。

観音堂には、六臂如意輪観世音菩薩像が安置されています。

仏頭山上宮皇院 橘寺の拝観料は350円です。

<橘寺観光情報>


[PR]
by asuka-nara | 2009-01-24 10:27 | 橘寺

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼



奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧