料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

人頭石
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
飛鳥地方の謎の石造物である人頭石をご案内致します。

人頭石は高取町観覚寺の光永寺さんの敷地内にあります。

c0195472_9372640.jpg 人頭石。

明日香の花崗岩「あすか石」から造られています。

7世紀中頃の作。

亀石、猿石、益田岩船などのミステリアスな石造物が散在する飛鳥地方にあって、人頭石もその特異な存在感で見る者を魅了します。

それにしても不思議なモニュメント?ですよね。

東京の渋谷にあるモヤイ像を連想してしまいます(笑)





c0195472_9374460.jpg人頭石を真正面から見ると、こんな感じになります。

顔の左半分だけが彫られていて、右半分はのっぺらぼうです(笑)

仕事半ばだったのでしょうか・・・。

それとも、意図的に左半分だけが彫られているのか?

人頭石の頭の上には孔が空いていて、現在は手水石として転用されているようです。

彫りの深い顔です。

明らかに日本人がモデルでないことは容易に想像できます。

インターナショナルな雰囲気に満ちていた古代の飛鳥ですから、人頭石のモデルもきっと外国人だったのではないでしょうか。

c0195472_9375744.jpg人頭石の最寄駅は近鉄壷阪山駅になりますね。

駅からのアクセスは徒歩5分足らずでしょうか。

国道169号線から1本東側の”高取れんじの道”沿いに、人頭石の鎮座する光永寺さんはあります。

緑の生垣に囲まれたお庭の中に佇む人頭石・・・。

人頭石の見学を希望する方は、光永寺さんに一声お声掛けする必要があります。

お寺の方のお話によると、人頭石は光永寺さんの所有になるそうです。

最近になって、お寺の門前にQRコードが備え付けられるようになり、新たな観光スポットとして注目を集めています。
[PR]
by asuka-nara | 2009-05-22 09:54 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼

<< 飛鳥寺の周辺地図 白装束の巡礼者と岡寺石楠花 >>


奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧