料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

高松塚古墳の四神
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
高松塚古墳の四神をご案内致します。

c0195472_943327.jpg四神の青龍。

赤い舌を出している青龍は東の方角の守り神ですね。

高松塚古墳壁画館の手前に、「花 四神」と題する四神を模した花のオブジェがありました。

「昇龍」と言うぐらいですから、太陽の昇る東の方位にぴったり合っていますよね。

大相撲を観戦していて気付くんですが、青房下、赤房下、黒房下、白房下という表現は四神に由来するものではないかなと思います。

c0195472_944765.jpg東に青龍、西に白虎、北に玄武、南に朱雀。

それぞれの方位に象徴する色が付されています。

北の玄武は黒で、南の朱雀は赤ということになりますね。

北の玄武は時刻でいえば、漆黒の闇を表す午前12時を指します。南の朱雀は、赤々と燃えあがる太陽を表す正午を指しています。

面白いですよね。

c0195472_945797.jpgお釈迦様は入滅のとき、頭を北に西に顔を向けてお亡くなりになられました。

仰向けではなく、横になって入滅されています。

北と西・・・。

四神でいえば玄武と白虎の方角です。

色でいえば黒と白・・・お葬式のときに見られる鯨幕を連想してしまいますね。

鯨幕の色も黒と白が使われています。

高松塚古墳の四神に触れながら、生活の中の様々なことに思いを巡らしてみました・・・。
[PR]
by asuka-nara | 2009-03-01 09:23 | 高松塚古墳

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼

<< 橿原市南妙法寺町に佇む益田岩船 真神原 >>


奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧