料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

キトラ古墳壁画と発掘当時の写真
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
キトラ古墳の壁画をご案内致します。

c0195472_10401659.jpgキトラ古墳の白虎。

四神における西の守り神ですね。

キトラ古墳へアクセスしてみると、覆屋と古墳以外には何も見当たらなかったわけですが、覆屋の前にキトラ古墳壁画の写真がありました。

昭和58年に玄武が確認されてから、にわかに湧き立ったキトラ古墳フィーバー。

そう言えば、飛鳥資料館に於いてキトラ古墳壁画特別公開があった時、白虎も一般に公開されていましたね。

日本全国から押し寄せる飛鳥フリークや考古学ファンの波・・・すごい熱気だったのを思い出します。

c0195472_10404721.jpgキトラ古墳の全景。

覆屋の背後に小型円墳のキトラ古墳が佇みます。

西が白虎なら、東は青龍ですよね。

青龍という呼び名から、私はいつも大相撲の朝青龍を思い浮かべます(笑)

横綱の品格問題で揺れ動く朝青龍ですが、朝青龍という四股名は、四神の青龍に由来するのではないかなと想像しています。

東は太陽の昇る方角です。

時刻でいえば午前6時頃で、朝日が大地を照らし出すエネルギーに満ちた時間帯です。

その東の守り神が青龍なのです。

朝に青龍で、モンゴル出身の大横綱朝青龍が誕生したとしても不思議はないですよね(笑)

断っておきますが、あくまでも私個人の推理ですのでご了承下さい。

c0195472_1041584.jpg覆屋の前にはキトラ古墳の写真もありました。

発掘当時の写真でしょうか?

むき出しになっているのがよく分かります。覆屋はまだ存在しませんね(笑)

発掘研究の途上にあるキトラ古墳ですが、飛鳥周辺にはこのような場所がいくつもあります。

蘇我入鹿が住んでいたとされる甘樫丘東麓遺跡などもその一つです。

私はよく飛鳥散策の折に、甘樫丘駐車場を利用するのですが、駐車場に隣接する甘樫丘東麓遺跡には発掘作業中の人がたくさん見受けられます。現地説明会も催されていたようで、飛鳥と度重なる発掘の歴史が垣間見えてきます。

<キトラ古墳の観光案内>


[PR]
by asuka-nara | 2009-02-22 11:04 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼

<< 真神原 キトラ古墳へアクセス >>


奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧