料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

奥山久米寺跡
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_1328683.jpg奥山久米寺跡をご案内致します。

雷丘と飛鳥資料館の中間点辺りに位置する奥山久米寺跡。

宗派は浄土宗で、ご本尊は本堂に安置されている阿弥陀如来立像です。

橿原神宮の近くに紫陽花で有名な久米寺がありますが、よく間違われるようですね(笑)

奥山久米寺跡は、明日香村奥山にあるので「奥山」という名前が付いています。

c0195472_13281824.jpg奥山久米寺跡のガイド。

門前に案内書きがありました。

どうやら奥山久米寺跡の縁起ははっきりしておらず、定かではないようです。

境内もひっそりと静まり返っており、心礎の上に十三重石塔がそびえていました。

十三重石塔は鎌倉時代の建立です。

長生きも芸のうち日記さんのブログにも奥山久米寺跡の記事が紹介されています。

7世紀前半の飛鳥時代の瓦が出土しているようですね。

創建当時の伽藍配置は、塔・金堂が一列に並ぶ四天王寺式の大寺院の跡と推定されるようです。

c0195472_13283391.jpg十三重石塔。

大官大寺の前身で「高市大寺」や、「百済寺」の跡、また、久米寺の「奥ノ院」とする説もあるようですね。

久米寺の奥の院ですか・・・なるほど、そうなのかもしれませんね。

奥山久米寺が四天王寺式の伽藍配置だったとは・・・ちょっと意外ですが、多くの大寺院がひしめいていた飛鳥エリアですから、飛鳥時代にしてみれば何の不思議もないのかもしれません。

飛鳥寺、橘寺、川原寺なども立派な伽藍を誇るお寺だったのです。

歴史の流れの中で、その面影は既に失われていますが、そんな鄙びたところが飛鳥の魅力のひとつです。

奥山久米寺跡を参詣してみて、飛鳥の魅力を再認識しました。
[PR]
by asuka-nara | 2009-02-15 13:45 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼

<< 工事中の高松塚古墳@明日香村  奈良文化財研究所 飛鳥資料館 >>


奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧