料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

丈六とは
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_1041328.jpg飛鳥寺の飛鳥大仏

丈六とは一丈六尺の仏像のことを意味します。

一丈六尺(いちじょうろくしゃく)!?

昔の長さを測る単位ですから、いまいちピンときませんよね。

一寸法師が3cmほどの小さい人だったことを思い出してみて下さい。

一寸の10倍が一尺(約30cm)で、一尺のさらに10倍の長さが一丈(約3m)となります。

つまり、丈六を現在の長さの単位に換算すれば、4m80cmほどになります。

釈尊の身長は一丈六尺あったと云われています。

巨人だったんですね(笑)

お釈迦様の身長が4m80cmもあったとは!

ちょっとした驚きです。

そのため、仏像は丈六の大きさに造られることが多いそうです。

多くの仏像は座っておられます。

座高は8尺~9尺が標準サイズとなっています。

結跏趺坐であぐらをかいていても、その座高は2m40cm~2m70cmもあることになりますね。

飛鳥大仏の高さは2.75mだそうです。

確かに丈六の仏様ということになりますね。

c0195472_10411934.jpg橿原神宮前駅の東口を出ると、丈六という地名が残されています。

飛鳥寺は聖徳太子御遺跡霊場の第11番札所であり、その納経題字は「止利仏師丈六釈迦」になっています。

飛鳥大仏は止利仏師の作によるものですからね。

丈六の釈迦如来座像(飛鳥大仏)を指すものと思われます。

そうすると、この丈六という地名も飛鳥寺の飛鳥大仏に由来するのでしょうか?

橿原神宮前駅から丈六の交差点を渡って、東へ東へ進んで行くと、飛鳥神奈備の雷丘や甘樫丘方面に出ます。

そこから飛鳥寺は目と鼻の先です。

飛鳥寺の丈六仏との関連性が伺えますよね。

橿原神宮前駅東口付近の丈六の土地は、古代の厩坂のあった所と伝えられています。

「推古紀」によると、

始めて銅(あかがね)・繍(ぬひもの)の丈六の仏像(ほとけのみかた)、各(おのおの)一躯(ひとはしら)を造る


と書かれています。

厩坂寺にも丈六仏のご本尊が安置されていたのでしょうか。

今となっては歴史の謎に包まれたままですが、丈六という地名は興味をそそりますね。

c0195472_10413578.jpg飛鳥寺境内の万葉池。

丈六とは長さの単位であると共に、仏像のことを表す言葉でもありました。

さらに仏像のポーズから波及して、胡坐をかく意味の「丈六居(じょうろくい)」という言葉も生み出しています。

橿原神宮駅前東口付近のみならず、奈良県内には丈六という地名があちこちに残されています。

仏像の宝庫である奈良県を象徴しているのではないでしょうか。

地名に秘められた謎を探っていくと、思わぬ真実に付き当たるものですね。
[PR]
by asuka-nara | 2009-02-11 11:16 | 飛鳥寺

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼

<< 奈良文化財研究所 飛鳥資料館 万葉時代へタイムスリップする奈... >>


奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧