料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

善悪背中合わせの二面石@明日香村
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_1052683.jpg明日香村の二面石をご案内致します。

善悪両方の顔を表す二面石。

二面石は聖徳太子生誕の地である橘寺の境内にあります。

善面と悪面が背中合わせにつながっている不思議な石。

何を意味しているのでしょうか?

とてもインパクトの強い石造物です。

飛鳥エリアには二面石の他にも、お酒の醸造施設ではないかと云われている酒船石、蘇我馬子の墓ではないかと云われている石舞台古墳、愛らしい表情で人気の亀石等々、実に多くのミステリアスストーンが存在します。

c0195472_1055449.jpg善と悪。

分かりやすいといえば確かに分かりやすいのですが、そこには何か並々ならぬメッセージが秘められているような気がしてなりません。

二面石がなぜ聖徳太子ゆかりのお寺にあるのか?

善面に比べて、なぜ悪面の顔の面積が狭いのか?

人の心の中には善と悪が存在している。

単純であるだけに、どうしても深読みしてしまう自分がいます(笑)

c0195472_1061377.jpg橘寺の本堂である太子堂。

手前に見える馬は、太子の愛馬「黒駒」です。

本堂には、橘寺のご本尊である聖徳太子坐像が納められています。

重要文化財の聖徳太子坐像。

太子35歳のときのお姿と云われています。本堂の一番奥に安置されていました。

この本堂の西側に二面石があります。

善面は本堂方向、悪面は放生池の方を向いています。

新西国三十三霊場第十番札所の橘寺。

観音堂には、六臂如意輪観世音菩薩像が安置されています。

仏頭山上宮皇院 橘寺の拝観料は350円です。

<橘寺観光情報>


[PR]
by asuka-nara | 2009-01-24 10:27 | 橘寺

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼

<< 蘇我入鹿の首塚 伝飛鳥板蓋宮跡 >>


奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧