料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

雷丘
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
飛鳥の雷丘をご案内致します。

雷丘と書いて、「いかずちのおか」と読みます。

奈良県下には難読地名が多数ありますが、雷丘もその一つではないでしょうか。

c0195472_1648776.jpg雷丘。

甘樫丘の豊浦方面近くに雷丘はあります。

雷というからには、やはりカミナリとの関連性が気になります。

ついつい、雷神を想像してしまいます。

大和国一の宮である大神神社や、山城国一の宮である上賀茂神社も雷の神様であると云われています。

どうやら雷の語源にも神様が関係しているようです。

c0195472_16485165.jpg雷丘の案内板。

柿本人麻呂の歌がガイドされています。

雷(いかずち)の語源由来は、イカ(厳)ツ(助詞)霊(チ)にあるようです。

雷丘の上には神様の降臨があったのでしょうか。

歴史ある飛鳥の地に、「いかずち」という地名が残されていることに興味を覚えます。

c0195472_16491183.jpg雷丘から桜井方面を望みます。

雷丘から真っすぐ東へ進むと、飛鳥資料館や山田寺跡にアクセスすることができます。

右の南方向へ進むと、飛鳥寺、橘寺、石舞台古墳などの観光名所が広がります。

左の北方向には大和三山の一角、天の香具山が鎮座しています。

山が大好きなデナリさんのブログにも雷丘の様子が紹介されています。

飛鳥旅行におでかけの際は、雷丘にアクセスしてみましょう。

丘の上には何もありませんが、神秘的な”何か”を感じる場所です。

飛鳥のパワースポットと言ってもいいのではないでしょうか。

正しく飛鳥観光の穴場です。

飛鳥大仏 雷丘から徒歩すぐです。飛鳥寺のご本尊をご案内!
[PR]
by asuka-nara | 2009-01-19 17:13 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼

<< 伝飛鳥板蓋宮跡 酒船石の謎 >>


奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧