料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

酒船石の謎
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_8233623.jpg明日香村の酒船石をご案内致します。

酒船石は”さかふねいし”と読みます。

漢字表記では、”酒舟石”という字を使っている場合もあります。

酒船石は小高い丘の上にありますが、階段を下りた所にある道標には、「酒舟石」と書かれていました。

宮殿の庭に水を流すための施設であるとか、あるいは酒や油を絞るための施設であると伝えられています。

酒船石というネーミングから考えれば、醸造施設という説が根強く支持されているのでしょうか。

この酒船石、花崗岩から造られているそうです。

c0195472_8235150.jpgそれにしても不思議な石ですよね。

飛鳥には数多くのミステリアスな石造物が散在しています。

酒船石のある丘を下ると、奈良県立万葉文化館があります。そのすぐ傍には、謎に満ちた亀形石造物が鎮座します。

石舞台古墳は最もポピュラーな石造物ですが、猿石、マラ石、鬼の雪隠・俎古墳、弥勒石、亀石、二面石etc. 実に多くの石造物が存在します。

奈良県桜井市の大神神社では、古来より磐座信仰が受け継がれています。

大きな石や岩には、神様が降りて来られる場所というイメージが共有されています。

飛鳥の石造物にも、同じような発想があるのでしょうか。

この酒船石に関しては、生活に根ざした実用的な役割を果たしていた感がありますが・・・。

酒船石に刻まれた、宇宙人からのメッセージのような幾何学模様は、見る者をミステリアスな世界へと誘います。
[PR]
by asuka-nara | 2009-01-18 08:45 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼

<< 雷丘 飛鳥大仏 >>


奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧