料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

弥勒石
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_16332678.jpg明日香村の弥勒石をご案内致します。

弥勒石には古来より、下半身の病気が治るという言い伝えが残されています。

弥勒石のある場所は飛鳥寺や甘樫丘の近くで、飛鳥観光の人気エリア内に位置します。

弥勒石の案内書にもありますが、真神原の西を流れる飛鳥川のちょうど右岸に位置しています。

c0195472_16335284.jpg地元ではミロクさんと親しまれているようですね。

弥勒石の拝観は無料です。

道端にひっそりと祠があって、その中に弥勒石が佇みます。

庶民の信仰の対象であることがよく分かります。

仏像には様々な種類がありますが、弥勒菩薩というのは釈尊の入滅から56億7千万年後に現れて人々を救うとされる仏様です。

なんだか気の遠くなるような未来ですよね(笑)

c0195472_16342789.jpgその弥勒菩薩が現れるまでの間、人々を守ってくださるのが地蔵菩薩であると言われます。

そういう意味では、この弥勒石はお地蔵さんの役割も果たしておられるような気が致します。

「奈良、時々京都さんのブログ」にも弥勒石の情報が掲載されていますので、どうぞご参照下さい。

わずかに目と口らしきものが象られている明日香村の弥勒石。

お顔がはっきりしていないのが特徴です。

比較するのは非常に失礼ですが(笑)、人気キャラクターのキティちゃんも口が描かれていないため、見る人によって表情が違って見えます。

長年の間、地域の人を中心に愛されてきた弥勒石の人気の秘密は、そんなところにもあるのかもしれません。

庶民の味方であるミロクさんの祠には、多くの藁草履が願い事と共に吊るされていました。

隣りのスペースに設けられた休憩所にも、座った時にちょうど足の下にくる位置に石が埋め込まれていました。この石の上に足をのせれば、病が癒されるようですよ。
[PR]
by asuka-nara | 2009-01-15 16:56 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼

<< 飛鳥大仏 日向寺 聖徳太子第13番霊場 >>


奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧