料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

日向寺 聖徳太子第13番霊場
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
飛鳥は仏教に馴染みの深い土地柄です。

その仏教を発展させた功労者である聖徳太子ゆかりの地でもあります。

飛鳥は本当に魅力的な場所です。

c0195472_12383293.jpg日向寺。

聖徳太子の第13番霊場だそうです。

私はよく奈良特産品である古代チーズの「飛鳥の蘇」を買うために、香久山の麓にあるお店まで行きます。

その近くに天岩戸神社があるのですが、そこから少し歩くと冒頭の日向寺に出くわしました。

初めて聞くお寺の名前でした・・・日向寺(にっこうじ)。

c0195472_12385772.jpg古来より太陽と星は神の象徴として崇められてきました。

昼の大地を照らす太陽と、夜の帳を支配する星。

文明の開けていない時代の人たちからすると、本当に偉大で畏れ多い存在であったに違いありません。

古代エジプトのピラミッドも、太陽と星を信奉して造られていることが分かっています。

そしてこの日向寺・・・。

やはり太陽神をどこかに意識しているような気配が感じられます。

c0195472_12391770.jpgそういえば、三輪山をご神体とする大神神社の近くにも、日向神社という神社があります。

三輪の神は太陽の神でもあると云われています。

宮崎県の昔の呼び名は日向ですよね。

神に通じるパワースポットには、この「日向」という言葉がよく似合います。

お寺ですから勿論、神とは何の関係もありませんが、神も仏も受け入れる私たち日本人の感性からすると、日向寺の縁起にも太陽との関わりを感じずにはいられません。
[PR]
by asuka-nara | 2009-01-12 12:56 | 聖徳太子

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼

<< 弥勒石 仏教と飛鳥 >>


奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧