料理旅館大正楼(飛鳥へ15分のアクセス) 〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 TEL:0744-42-6003

タグ:仏像 ( 6 ) タグの人気記事
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


山田寺仏頭
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
端正なお顔立ちで知られる山田寺の仏頭。

山田寺仏頭の本物は興福寺国宝館にありますが、飛鳥資料館にはそのレプリカが展示されています。

c0195472_1246882.jpgやっぱり美しいですよね(^u^)

美術鑑賞にも堪え得る作品ではないかと個人的に思っています。学生時代に歴史の教科書で目にしてから、その残像がずっと頭の片隅に残っていました。

そうそう、これこれ!

山田寺の仏頭を前にして大変失礼なことなのですが、思わず口をついて出てしまうほど、はっきりとイメージに合致する代物でした。

興福寺でも拝見させて頂いたことのある山田寺仏頭ですが、やはり飛鳥資料館で見る仏頭には特別な何かが感じられます。

山田寺仏頭の続きを読む
[PR]
by asuka-nara | 2011-03-21 13:01 | 飛鳥資料館

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


白装束の巡礼者と岡寺石楠花
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
明日香村岡にある岡寺をご案内致します。

飛鳥観光のモデルコースの中に、岡寺を入れていらっしゃる旅行グループも多いのではないでしょうか。

c0195472_15363384.jpg西国七番霊場の岡寺。

白装束の巡礼者にもよく出会います。

岡寺のご本尊は日本最古、最大の塑像と云われる如意輪観音坐像。

そのどっしりとした体格からは、慈愛に満ちた安心感が伝わって参ります。

4月中旬から5月初旬に掛けて咲く石楠花の花がおすすめ。

満開の石楠花が境内を彩る岡寺は、毎年多くの観光客を集めて賑わいます。

c0195472_15364686.jpg岡寺の石楠花。

花の名所を訪れるたびに思うのですが、お寺と花の結び付きは本当に強いですよね。

人々の切なる願いと、華やかさの裏側でどこかはかなさを感じさせる花々・・・。

岡寺は日本最初の厄除け霊場。

厄年を迎える人々の厄除け参りで知られます。

厄除けは正しく現世利益を願うわけですが、意のままに願いを叶えてくれる如意輪観音様に願い事をすれば、不思議と肩の荷が降りたような気が致します。

c0195472_15365888.jpg岡寺の本堂。

この中に如意輪観音坐像が安置されています。

インド、中国、日本の3つの国の土で、弘法大師が造ったと伝えられる仏像です。

ご本尊も初夏の石楠花を愛でておられるのでしょうか。

岡寺は創建1,300有余年の歴史を持つお寺です。

2,010年には奈良を舞台に”平城遷都1,300年祭”が催されますが、岡寺の歴史にも同じぐらいの深みがあるんですね。

巡礼白衣のよく似合うお寺、「岡寺」をあなたも是非訪れてみませんか?

<岡寺の関連情報>

[PR]
by asuka-nara | 2009-05-13 16:03 | 飛鳥観光ガイド情報

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


丈六とは
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_1041328.jpg飛鳥寺の飛鳥大仏

丈六とは一丈六尺の仏像のことを意味します。

一丈六尺(いちじょうろくしゃく)!?

昔の長さを測る単位ですから、いまいちピンときませんよね。

一寸法師が3cmほどの小さい人だったことを思い出してみて下さい。

一寸の10倍が一尺(約30cm)で、一尺のさらに10倍の長さが一丈(約3m)となります。

つまり、丈六を現在の長さの単位に換算すれば、4m80cmほどになります。

釈尊の身長は一丈六尺あったと云われています。

巨人だったんですね(笑)

お釈迦様の身長が4m80cmもあったとは!

ちょっとした驚きです。

そのため、仏像は丈六の大きさに造られることが多いそうです。

多くの仏像は座っておられます。

座高は8尺~9尺が標準サイズとなっています。

結跏趺坐であぐらをかいていても、その座高は2m40cm~2m70cmもあることになりますね。

飛鳥大仏の高さは2.75mだそうです。

確かに丈六の仏様ということになりますね。

c0195472_10411934.jpg橿原神宮前駅の東口を出ると、丈六という地名が残されています。

飛鳥寺は聖徳太子御遺跡霊場の第11番札所であり、その納経題字は「止利仏師丈六釈迦」になっています。

飛鳥大仏は止利仏師の作によるものですからね。

丈六の釈迦如来座像(飛鳥大仏)を指すものと思われます。

そうすると、この丈六という地名も飛鳥寺の飛鳥大仏に由来するのでしょうか?

橿原神宮前駅から丈六の交差点を渡って、東へ東へ進んで行くと、飛鳥神奈備の雷丘や甘樫丘方面に出ます。

そこから飛鳥寺は目と鼻の先です。

飛鳥寺の丈六仏との関連性が伺えますよね。

橿原神宮前駅東口付近の丈六の土地は、古代の厩坂のあった所と伝えられています。

「推古紀」によると、

始めて銅(あかがね)・繍(ぬひもの)の丈六の仏像(ほとけのみかた)、各(おのおの)一躯(ひとはしら)を造る


と書かれています。

厩坂寺にも丈六仏のご本尊が安置されていたのでしょうか。

今となっては歴史の謎に包まれたままですが、丈六という地名は興味をそそりますね。

c0195472_10413578.jpg飛鳥寺境内の万葉池。

丈六とは長さの単位であると共に、仏像のことを表す言葉でもありました。

さらに仏像のポーズから波及して、胡坐をかく意味の「丈六居(じょうろくい)」という言葉も生み出しています。

橿原神宮駅前東口付近のみならず、奈良県内には丈六という地名があちこちに残されています。

仏像の宝庫である奈良県を象徴しているのではないでしょうか。

地名に秘められた謎を探っていくと、思わぬ真実に付き当たるものですね。
[PR]
by asuka-nara | 2009-02-11 11:16 | 飛鳥寺

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


向原寺 豊浦寺跡
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_14584929.jpg向原寺。

こうげんじと読みます。

甘樫丘の豊浦休憩所からぐるっと麓を縫うように歩いて行くと、向原寺にアクセスします。

山号は太子山。

山門には、「日本仏法根源寺院最初」と書かれています。

向原寺は聖徳太子御遺跡霊場の第12番札所でもあります。

さすがに飛鳥は聖徳太子ゆかりの地だけあって、聖徳太子御遺跡霊場が数多く存在します。

向原寺はその第12番札所で、納経題字は”佛法根源精舎”です。

c0195472_1459934.jpg向原寺の山門。

仏教寺院の始まりを感じさせるお寺ですね。

向原寺の開基は蘇我稲目なんだそうです。

時代は仏教伝来の頃に遡ります。

百済の聖明王が仏像と経典を日本に送ってきました。

舶来宗教である仏教を受け入れるか否かが議論されます。このとき、欽明天皇は蘇我稲目に仏像を預けています。

稲目は自分の家に仏像を移し、やがて向原の家を寺に改め、仏像を安置したと伝えられます。

これが向原寺の縁起となります。

c0195472_14593083.jpg向原寺の本堂。

日本初の本格的仏教寺院は、稲目の孫に当たる蘇我馬子が建てた飛鳥寺です。

しかし、飛鳥寺よりも前に仏教のお寺が存在していたことになりますね。

ここで忘れてはならないのが廃仏派の物部尾輿です。

崇仏派の蘇我稲目に対する物部尾輿。

日本古来の神様を信奉する、石上神宮ゆかりの物部氏との対立です。

向原寺が興されてから、疫病が流行します。

c0195472_15305938.jpg疫病の原因は仏教崇拝に対する神の祟りだということになり、百済から伝わった仏像は難波池(なんばいけ)に捨てられ、向原寺も焼却されるに至ります。

今も難波池は向原寺の近くに佇みます。

後世の記録には、捨てられた仏像は信濃の善光寺に祀られたという善光寺縁起として語り継がれています。

捨てられた仏像は釈迦如来像だと云われています。

今の向原寺のご本尊様は阿弥陀如来像ですので辻褄が合いますよね。

八百万の神を信奉し、神仏習合が当たり前のように行われている今の日本・・・

神か仏かで争いのあった時代が遠く感じられます。

日向寺 聖徳太子御遺跡霊場 第13番札所、納経題字は”太子造寺九院之一”。
[PR]
by asuka-nara | 2009-02-06 15:39 | 仏教

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


六臂如意輪観音像@橘寺
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_10283980.jpg橘寺の観音堂に安置されている六臂如意輪観音像。

藤原時代の作で、国の重要文化財に指定されています。

橘寺は新西国三十三ヵ所観音霊場の第十番札所でもあります。

聖徳太子の生誕地として有名ですが、観音信仰のお寺でもあるんですね。

釈迦如来や阿弥陀如来と違って、一般民衆に近い位置で見守っていて下さる・・・そんな思いを自然と抱かせる観音様。

如意輪観音は一切衆生の願望を満たし、苦を救うと言われています。

如意輪観音の多くは六臂のお姿をされていますが、橘寺の如意輪観音様も六臂です。

あらゆる方法を駆使してお救い下さる象徴とも言えますね。

c0195472_10285851.jpg観音堂に掲げられた「如意輪」の文字。

如意輪観音の多くは、あらゆる願いを叶える如意宝珠と、煩悩を砕く輪宝を持っています。

6本の手がありますから、あとの4本はどのようになっているのか・・・気になるところですよね(笑)

橘寺の如意輪観音様がどうなのか定かではありませんが、一般的には右の一手は頬に宛がい思惟の形をとります。

左の一手は体の後ろに付いて体重を支えます。

さらに如意宝珠と輪宝の他にも、蓮華と念珠を持っています。

膝はちょっとお行儀が悪いようにも見えますが、右ひざを立て、左足はあぐら状に組んで、両足の裏を合わせるようにして座っています。

この座り方を輪王坐といいます。

c0195472_10293229.jpg橘寺の観音堂。

福と富をもたらすと言われる如意輪観音。

室生寺の灌頂堂に納められている如意輪観音像を拝見したことがあります。

やっぱり独特の存在感があるんですよね。

橘寺の如意輪観音像の方が大きいような印象を受けました。

橘寺の観音堂の前には、阿弥陀如来像が安置される経堂があります。

ご本尊の聖徳太子像ばかりがクローズアップされていますが、橘寺境内にはおすすめの仏像がたくさん安置されています。

橘寺の近くにある飛鳥寺は、新西国三十三ヵ所観音霊場の第九番札所になっています。

九番が飛鳥寺で、十番が橘寺ということになりますね。

ちなみに第十一番札所は、二上山の麓にある當麻寺です。
[PR]
by asuka-nara | 2009-02-02 10:59 | 橘寺

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼


飛鳥大仏
◇飛鳥観光案内 明日香旅行ガイド◇
c0195472_9363888.jpg飛鳥寺のご本尊、飛鳥大仏をご案内致します。

飛鳥大仏は日本最古の仏像です。

そう、日本最古なのです。

606年に推古天皇の命により、止利仏師(鞍作鳥)が制作に当たりました。

仏像には様々な種類がありますが、飛鳥大仏は釈迦如来像に相当します。

如来ですので、既に悟りを開いたお偉い仏様です。

お釈迦様特有の巻き毛である螺髪(らはつ)が印象的です。

c0195472_9365635.jpg飛鳥寺の本堂。

飛鳥大仏はここに安置されています。

飛鳥大仏の歴史を辿っていくと、屋根のない露天の状態で、長きに渡って風雨にさらされていた時期もあったようです。

2度の火災にも遭いました。

それでも、こうやって現在まで、そのお姿を残してこられたのです。

お顔の一部、左耳、それに施無畏印を結んでおられる右手の真ん中3本の指は当時のまま残されています。

これは歴史の奇跡ですよね。

地域の人たちの温かい心と共に歩んでこられた、悠久の歴史がうかがえます。

拝観料は300円です。

お堂に通されて飛鳥大仏を仰ぎ見、心の中を整理していると・・・拝観受付の方向から係の方が近づいて来られます。

飛鳥大仏の縁起について、色々解説して下さいます。

小さなお寺ならではの心温まるサービスですよね。

飛鳥大仏は、飛鳥寺が誇る大変貴重な仏様です。
[PR]
by asuka-nara | 2009-01-17 09:54 | 飛鳥寺

奈良の旅館大正楼
飛鳥の宿: 明日香旅行のお泊まりは料理旅館大正楼



奈良県飛鳥地方の旅行案内。飛鳥寺、石舞台古墳、高松塚古墳等の観光名所を風景写真と共にご案内。亀石、マラ石、二面石などの謎の石造物、飛鳥ゆかりの聖徳太子や仏教にまつわるお話をレポートします。
カテゴリ
Twitter
タグ
検索
お気に入りブログ
スポンサードリンク
以前の記事
最新のコメント
>micho7様 ..
by 飛鳥旅行ガイド at 08:46
画面からキンモクセイの匂..
by micho7 at 15:13
>micho7様 ..
by 飛鳥旅行ガイド at 14:17
こんにちは! これは面..
by micho7 at 18:06
>奈良ウォーキング様 ..
by 飛鳥旅行ガイド at 15:50
最新のトラックバック
明日香民俗資料館
from 奈良旅館観光ガイド
大官大寺跡
from 奈良旅館観光癒しガイド
東大寺の如意輪観音
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
天香山神社
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
二面石 橘寺
from 奈良の宿泊予約 料理旅館大正楼
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧